なんでも情報の館

広がるタトゥー、彫るのは医師のみ? 法整備どうする

   

広がるタトゥー、彫るのは医師のみ? 法整備どうする

広がるタトゥー、彫るのは医師のみ? 法整備どうする
**

若い世代を中心に、アートやファッションとして広がったタトゥー(入れ墨)。一方でタトゥーを彫る行為への規制も強まり、

彫り師が医師法違反の罪に問われた裁判が、大阪地裁で大詰めを迎えている。身体に手を加える「アート」を、どのように考えるか。

衆院議員会館に6月、国会議員とタトゥーの彫り師、愛好家ら約100人が集まった。

 「日本のタトゥーは海外でも高く評価されている」
「彫り師の仕事に誇りを持っている」

 院内集会を主催したのは一般社団法人「SAVE TATTOOING」。

大阪府吹田市の彫り師、増田太輝さん(29)が2年前、医師免許がないのに客にタトゥーを施したとして医師法違反の罪で略式起訴されたのをきっかけにできた。

増田さんは「タトゥーを彫る行為は犯罪ではない」として略式命令ではなく正式な裁判を求めた。

大阪地裁の裁判では21日、検察側が罰金30万円を求刑し、近く判決が言い渡される。

 厚生労働省は2001年、タトゥーと同じ手法で眉やアイラインを描く「アートメイク」でトラブルが相次いだのを背景に、

「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」は医師にしかできないと通達。タトゥーを彫る行為は医師にのみ許される、と位置づけた。

つづき・・

本文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000036-asahi-soci

src=”http://resource.feedmatic.xyz/zoku.png”>

 - 未分類