なんでも情報の館

【トンキンが自粛しなかった結果】聖火ランナーのとんかつ店主、油かぶって自殺か 緊急事態宣言延長で

   

【トンキンが自粛しなかった結果】聖火ランナーのとんかつ店主、油かぶって自殺か 緊急事態宣言延長で

cooking_tenpura_fire

1:トラースキック(愛媛県) [US]:2020/05/02(土) 02:09:18 BE:135853815-PLT


聖火ランナーのとんかつ店主、火災で死亡 生前は延期や新型コロナ影響を悲観

 4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。
男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。
新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。
遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。

 30日午後10時ごろ、同区の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。
煙に気づいた近所の住民の119番で消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。
搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。

(略)

 3月下旬に五輪延期が決定し、4月7日には政府の緊急事態宣言が発令された。都による飲食店の時短営業の要請を受け、男性も13日から臨時休業に踏み切った。
「働くのが大好きで、定休日も設けず家族旅行に行くのも数年に1度で、30年弱働いてきた。自問自答しているが、感染予防に徹したい」とFBに書いた。

 持ち帰りのみの営業で急場をしのごうとしたが、60代の知人には「コロナが収まらないと、もうどうやったってだめだ」と嘆き、29日には「店をやめたい」と漏らした。
商店街関係者(78)は元気のない男性のことを心配し、火災当日の30日に練馬区役所に対応を相談していた。
「皆から慕われていた。なんでこんな結果になってしまったのか」と悔やんだ。

 男性は28日、FBへの最後の投稿で、店舗の再開に向けて必要な消毒液が手に入らないことに触れ、「また振り出しに戻った」と先が見通せない苦しさを吐露した。
この頃には5月6日までとされていた緊急事態宣言の延長が取り沙汰されていた。
文末には「あなたの命を、家族を、大切な人を、社会を守るため、感染拡大を食い止める。その言葉を改めて心に刻みました」とつづった。

 家族は毎日新聞の取材に「頭の中の整理が追いついていません」と話した。

https://mainichi.jp/articles/20200502/k00/00m/040/003000c

3::2020/05/02(土) 02:10:44.95 ID:xNI+xO8b0.net


気の毒だけど弱すぎるだろ

53:ジャストフェイスロック(東京都) [US]:2020/05/02(土) 02:22:24


>>3
店の家賃とか人件費とか考えると追い詰められちゃうよ

191:ネックハンギングツリー(大阪府) [US]:2020/05/02(土) 02:40:37


>>53
色々手を尽くした様子が無いんだが
補助金とか色々あるやろ

続きを読む

src=”http://resource.feedmatic.xyz/zoku.png”>

 - 未分類